Internet Explorerにゼロデイ攻撃が確認されマイクロソフト社が緊急の修正パッチを公開

MSセキュリティ更新情報

マイクロソフト社のSecurity Update GuideによりますとInternet Explorerにゼロデイ攻撃が確認され緊急の修正パッチを公開しました。IEのスクリプトエンジンにリモートで任意のコードを実行される脆弱性があるとの事です。

重要度は最も高いCriticalで、月例パッチを待たずしての緊急公開です。

なお今回の修正パッチはWindows Updateでは現時点では配布されておりませんので、Microsoft Updateカタログからご自分のOSに合ったものをダウンロードして実行する必要があります。


■出典:CVE-2019-1367 | Scripting Engine Memory Corruption Vulnerability


── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、申込み月とその翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら