BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 年末年始休暇を目前にして気をつけておく事は何なのか

<<   作成日時 : 2018/12/20 13:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ最新ニュース

間もなく年末年始休暇が始まる方々も多いと思われます。
ここでは例年どおり長期休暇前の心構えを挙げて行きます。

1.年明けはすぐに月例更新
正月三が日が明けた1月4日は金曜日です。この日が年明け初出勤の方もいらっしゃるでしょうし、あるいはこの日を休暇にして翌週の1月7日が年明け初出勤となる方もいらっしゃるでしょう。いずれにしましてもそのすぐ後に1月の月例更新の日である1月9日となります。年明けの業務を開始してすぐに月例更新が待っていると覚えておきましょう。

2.休暇中に溜まっていたメールに注意
休暇中に沢山のメールが溜まっている場合は、一通一通の処理がおざなりになりがちです。うっかり添付ファイルを開いてしまわない様に、添付ファイルとリンクには注意をはらいましょう。

3.新型のランサムウェアのニュースに注意
長期休暇中に新型のランサムウェアが出現するかもしれません。通常の業務をしている時であればオフィスの誰かがこの様なニュースに気が付いてマルウェアなどの情報が広まるかもしれませんが、長期休暇明けはその様な情報無しでメール処理に向き合うかもしれません。まずはその様なニュースが流れていないかを確認しましょう。

4.バックアップをとっておく
不幸にして上記の様なランサムウェアに感染してしまってファイルを暗号化されてしまうかもしれません。それに対処するには長期休暇前にファイルのバックアップをとっておきましょう。


この他にも「酔ってメールを読んだせいでフィッシングにひっかかった」「眠い状態で頭がはっきりしていない時にメールを読んだせいでフィッシングにひっかかった」と言うツイートを散見します。休暇中にはこの様な点にも注意しましょう。


── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、申込み月とその翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



年末年始休暇を目前にして気をつけておく事は何なのか BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる