BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS ネットで販売される容量偽装SDカード

<<   作成日時 : 2018/11/30 09:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ最新ニュース

ネットで購入したSDカードが容量を偽装した物だったと言うニュースが話題になっています。これは容量128GBとうたわれて販売されていたのに、実際に使ってみたら遙かに少ない容量だったと言うものです。

ECサイトを見てみると本物の写真を使って偽SDカードを販売しているどころか、明らかに不審なメーカー名を記載したSDカードも販売されているのが分かります。
画像画像

microSDカードは世界一安いとも言われる秋葉原において、128GBの海外パッケージ版でも2,000円以上しますし、ましてや256GBの物は4,000円以上します(2018年11月現在)。ネットでの購入の場合は異様に安価なSDカードには注意した方が良いでしょう。

容量偽装SDカードを購入して使用した場合に、想定していた容量の写真データを保存出来ないと言う問題以上に、もしファイルフォーマットも偽装していた場合には見た目が128GBなのに実際はそれより遙かに小さい容量へ書き込みを行う事になり、一度書き込みをした場所に重ね書きをして、最悪の場合は全てのデータを破壊する事もあります。この場合は大切なデータを一瞬にして失う事になりますのでECサイトでの利用は注意しましょう。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



ネットで販売される容量偽装SDカード BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる