BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS SMSによるフィッシングに警戒を

<<   作成日時 : 2018/08/17 15:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ最新ニュース

夏以降、SMSを利用したフィッシングが増えています。

BIGLOBEセキュリティニュースが引用元としているSecurity NEXTで掲載されている6月以降のSMSを利用したフィッシング記事でも以下の物があります。

偽「佐川急便」の不在通知SMS、今度は認証コード詐取するスミッシング(8/10)
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増(8/9)
Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換(7/9)
SMSで訴訟ちらつかせる偽アマゾン - プリカ番号やコンビニ払いを要求(7/3)
偽佐川急便からのSMSに注意を - ネットバンク利用者狙う不正アプリを拡散(6/6)


●何故最近増えているのか

メールに比べてSMSは発信コストがかかる為、これまではそう多くは使われていませんでしたがここ最近は増加傾向にある様です。これには悪意のあるアプリを携帯電話にインストールさせてそこから発信させるなど、いくつかの可能性が言及されています。

また、攻撃者がSIMを購入して費用を覚悟の上で発信している可能性もあります。この場合はそれに見合うリターンがあるからでしょう。

さらにはSMSの場合はメールと違って攻撃相手のメールアドレスのリストを購入する必要がありません。必要なら電話番号を片端から宛先に出来ます。そしてメールとは違ってフィッシングメールのフィルタでは防衛される事はありません。


●どう気をつければ良いのか

どんな理由にせよ、この様に最近ではSMSを利用したフィッシングが増加傾向にあるので、油断をせずに、どんなメッセージが送られて来ようともそこに書かれたリンクをクリックしない様にするのがフィッシング被害に遭わないポイントです。

但しネット通販ではSMSを利用して通知しているサービスもありますので、本当に心当たりがあるのかと言うのをメッセージを見た時に今一度確認しましょう

── フィッシングの被害にあわないために・・・
BIGLOBEが提供するフィッシング対策サービスの『インターネットサギウォール』なら本物と見間違うような精巧な偽サイト、執拗な料金請求などの脅しによって金銭搾取を狙う"ネット版振込め詐欺"など、危険な可能性のあるサイトを表示させません。

お申し込み月は【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



SMSによるフィッシングに警戒を BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる