BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向

<<   作成日時 : 2018/06/22 15:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ最新ニュース

マルウェアの感染を狙ったり、情報をだまし取るフィッシングをはじめとした悪意あるメール。添付ファイルや記載したURLを開かせようとするが、そうしたクリックの約半数は、受信後1時間以内に集中している。

Proofpointが2017年にワールドワイドの同社企業顧客6000超に対する攻撃について調査し、傾向を取りまとめたもの。

同社によると、52%のクリックはメールの着信から1時間以内に発生。なかでも約4分の1は5分以内、11%は1分以内とメールの受信からほどなくクリックされていることがわかった。

一方、クリックされた時間帯を見ると、米国を除き、全体的に午前中にクリックが多く、以降減少するが、米国では昼休みがもっとも多かった。

日本を見ると、他国と同様に午前中のクリックが多いが、特に多くの企業や団体の始業時間にあたる9時から10時に集中。昼休みの前後も増加が見られた。

また終業を迎える夕方から夜にかけて上昇する傾向は他国に見られない特徴となっている。

(Security NEXT - 2018/06/21 )

関連リンク
日本プルーフポイント

■出典:Security NEXT

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向 BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる