BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 無線LANルータ「WXR-1900DHP2」の旧ファームウェアに複数脆弱性

<<   作成日時 : 2018/02/27 16:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ最新ニュース

バッファローの無線LANルータ「WXR-1900DHP2」の旧ファームウェアに「OSコマンドインジェクション」など複数の脆弱性が含まれていることが明らかになった。

同製品の一部ファームウェアにおいて、リモートよりコマンドを実行されるおそれがある「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2018-0523」など複数の脆弱性が含まれていることが明らかになったもの。

同脆弱性以外にも、認証欠如の脆弱性「CVE-2018-0521」や、ログインしたユーザーがアップロードしたファイルによってバッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2018-0522」が存在するという。

影響を受けるのは、ファームウェアが「バージョン2.48」および以前のバージョンで、2016年10月19日に公開された「バージョン2.49」以降ですでに修正済みだという。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの塚本泰三氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したものでJPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2018/02/26 )

関連リンク
JVN:WXR-1900DHP2における複数の脆弱性
JVN

■出典:Security NEXT


── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



無線LANルータ「WXR-1900DHP2」の旧ファームウェアに複数脆弱性 BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる