BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴

<<   作成日時 : 2018/02/01 16:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ最新ニュース

急激な相場上昇などで注目される仮想通貨に便乗した攻撃が発生している。「SpriteCoin」なる実在しない仮想通貨のウォレットとして配布されていたファイルの中身はランサムウェアだったという。

同ランサムウェアは、フォーティネットが確認したもの。仮想通貨に関心を持つ人々が集まるフォーラムなどで拡散されていると見られている。

攻撃者は、実在しない「SpriteCoin」なる仮想通貨について収益性が高いなどと吹聴。ウォレットに見せかけて実行ファイル「spritecoind.exe」をダウンロードさせていた。

ダウンロードのリンクには、信用できない場合は、ダウンロードしたファイルを、複数のマルウェア対策エンジンでチェックが行えるオンラインサービス「VirusTotal」でスキャンしてみてほしい、などと記載。あたかも正規のファイルであるかのように装っていた。
同ファイルを誤って実行すると、希望するパスワードを作成するよう要求されるが、実際にはブロックチェーンをダウンロードすることなく、対象ユーザーのファイルを暗号化していた。さらにブラウザの認証情報へアクセスを試みるという。

同ランサムウェアは、復号化にあたり仮想通貨「Monero」による支払いを要求。さらに復号化の過程で証明書を取得したり、画像の解析、ウェブカメラの起動など、複数の機能を備えた別のマルウェアに感染させようとしていた。

同社では、SpriteCoinに関する正規の情報を見つけることはできず、攻撃の口実としてでっち上げられた実在しない仮想通貨であると分析。興味を引く言葉でマルウェアへ感染させるソーシャルエンジニアリングが使われているとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/01/31 )

関連リンク
フォーティネット

■出典:Security NEXT

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴 BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる