BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 脆弱性「Spectre」の影響を緩和した「Firefox 57.0.4」がリリース

<<   作成日時 : 2018/01/09 15:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ最新ニュース

Mozilla Foundationは、主要メーカーのCPUに起因する脆弱性「Spectre」の影響を緩和した「Firefox 57.0.4」をリリースした。

主要メーカーが提供するCPUに脆弱性が存在し、投機的実行においてサイドチャネル攻撃を受けるおそれがあることが判明したことから、緩和策を導入したもの。ブラウザにおいては、JavaScript経由の攻撃についても潜在的に攻撃を受ける可能性があるとされている。

開発者チームでは、緩和策を導入したアップデート「同57.0.4」をリリース。重要度を「高(High)」とレーティングし、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/01/05 )

関連リンク
Mozilla:Mozilla Foundation Security Advisory 2018-01
Mozilla Japan

■出典:Security NEXT

★関連記事:CPU起因の脆弱性「Spectre」と「Meltdown」に対して今我々が出来る事


── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



脆弱性「Spectre」の影響を緩和した「Firefox 57.0.4」がリリース BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる