BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生

<<   作成日時 : 2017/12/19 15:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ最新ニュース

2017年に入り、Appleを装うフィッシング攻撃が多数確認されているが、12月に入ってからも攻撃が確認されており、フィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

今回確認された攻撃では、フィッシングメールにおいて、「iCloudへのログインやデータのダウンロードが確認された」などと説明する手口。「Apple ID」のロックを解除するためにセキュリティの質問を再設定する必要があるなどとだまして、誘導先の偽サイトでアカウント情報やクレジットカード情報など、個人情報を詐取しようとしていた。

メールには、「iCloudのバージョン」や「アクセス元のIPアドレス」など記載。あたかも実際にアクセスがあったかのように見せかけていた。フィッシング対策協議会では、メール内のURL2種類と、誘導先のURL2種類を確認している。

同協議会では、「Apple」を装うフィッシング攻撃は繰り返し発生しているとして、注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2017/12/18 )

関連リンク
フィッシング対策協議会

■出典:Security NEXT

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生 BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる