BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS Apple、macOS High Sierra向け緊急アップデート-root権限取得できる問題へ対応

<<   作成日時 : 2017/11/30 10:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ最新ニュース

Appleは、「macOS High Sierra 10.13」に脆弱性が見つかった問題で、セキュリティアップデート「Security Update 2017-001」を緊急リリースした。

認証を回避し、パスワードを入力することなくデフォルトで無効化されている「rootユーザー」として容易にログインできる脆弱性「CVE-2017-13872」へ対応したもの。

インストール後は、ビルドナンバーが「17B1002」になる。ビルドナンバーは、Appleメニューの「この Mac について」から確認することが可能。

また同社は、「rootユーザー」を有効化し、パスワードを設定する方法についてもあらためてアナウンスした。

他OSに関して同社は、「macOS Sierra 10.12.6」および以前のバージョンには影響ないとしている。

(Security NEXT - 2017/11/30 )

関連リンク
Apple:Macでルートユーザを有効にする方法やルートパスワードを変更する方法
Apple:About the security content of Security Update 2017-001
Apple

■出典:Security NEXT

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



Apple、macOS High Sierra向け緊急アップデート-root権限取得できる問題へ対応 BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる