BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 金融機関職員装い電話でワンタイムパスワードを聞き出す詐欺 - 情報収集のケースも

<<   作成日時 : 2017/09/06 16:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ最新ニュース

電話で金融機関の職員を名乗ってワンタイムパスワードなどを聞き出し、金銭を不正送金する詐欺が発生している。

同詐欺は、事前に預金者へオンラインバンキングに契約させてアカウント情報を詐取。さらにワンタイムパスワードを電話で聞き出して不正送金を行う手口。

注意喚起を行ったりそな銀行によれば、詐欺の電話では金融機関のシステム管理部門やカスタマーセンター、ネット送金不正対策部の関係者を偽装していた。

同行が把握しているケースでは、電話で実在しない「コダマ」なる職員を装い、「海外から不正ログインあった」など、オンラインバンキングが不正アクセスを受けていると不安を煽る。

その上で「初期化するために必要」などとして、ワンタイムパスワードを聞きだそうとしていた。

電話の相手が金融機関の関係者であると思い込ませるために、事前に入手した取り引き情報などを読み上げることもあるという。

同行では、顧客のワンタイムパスワードを電話で聞き出すことはないと説明。またワンタイムパスワードの利用状況といった情報を収集したり、メールアドレスを聞き出すケースもあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/09/05 )

関連リンク
りそなホールディングス

■出典:Security NEXT

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



金融機関職員装い電話でワンタイムパスワードを聞き出す詐欺 - 情報収集のケースも BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる