BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS MUFGカード装うフィッシング - NICOSやAMEX、JAカードなど関連ブランド狙う

<<   作成日時 : 2017/04/25 10:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0


三菱UFJニコスが発行するクレジットカードの利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。IDを暫定的に変更したなどと不安を煽って偽サイトへ誘導。個人情報をだまし取る。

フィッシング対策協議会によれば、今回のフィッシング攻撃では、「重要:必ずお読みください」といった件名のメールが送信されているという。

メールの本文は、MUFGカードのウェブサービスが第三者よりアクセスされ、登録IDを暫定的に変更したなどとだます内容。

「任意のIDへ再変更」などと称して偽サイトへ誘導し、氏名や住所のほか、クレジットカード情報、ウェブのアカウント情報など、個人情報を詐取する。

今回の攻撃では、同社が発行する「NICOSカード」や「DCカード」のほか、「MUFGカード・アメリカン・エクスプレス・カード」「JAカード」「UFJ JCBカード」など複数のカードブランドを対象としていた。

また誘導先として、すでに6種類のURLが確認されている。4月24日の時点で稼働も確認されており、閉鎖に向けてフィッシング対策協議会がJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

同協議会では、フィッシング攻撃に対する注意喚起を実施するとともに、類似したフィッシング攻撃を見かけた場合は、情報を提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/24 )

関連リンク
フィッシング対策協議会

■出典:Security NEXT

── フィッシングの被害にあわないために・・・
BIGLOBEが提供するフィッシング対策サービスの『インターネットサギウォール』なら本物と見間違うような精巧な偽サイト、執拗な料金請求などの脅しによって金銭搾取を狙う"ネット版振込め詐欺"など、危険な可能性のあるサイトを表示させません。

お申し込み月は【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



MUFGカード装うフィッシング - NICOSやAMEX、JAカードなど関連ブランド狙う BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる