BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS マイクロソフトが【緊急】を含むセキュリティ更新プログラム公開

<<   作成日時 : 2017/04/12 12:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ更新情報

2017年4月12日、マイクロソフトからセキュリティ更新プログラム「緊急」8件、「重要」28件が公開されました。
※従来と情報公開方法が変わったのと環境によって深刻度が異なりますのでこれまでと同じカウントにはなりません。

パソコンのセキュリティ状態を最新に保つために、対象製品をご利用の方は、以下を参照の上、ソフトウェアのアップデート(更新プログラムのインストール)を行ってください。

【Windows XPとWindows Vistaをご利用の皆さまへ】
『Windows XP』は2014年4月9日に、『Windows Vista』は2017年4月11日に製品のサポート期間が終了しました。
ウイルス感染の原因となる脆弱性が発見されても、更新プログラムが提供されないため、ご利用の方は、新バージョンのWindowsへの速やかな移行を推奨しています。
(使い続けるリスクや移行方法については、こちらをご参考ください)

公開日
2017年4月11日

更新プログラムの入手

◆Windows Updateは、こちら[ マイクロソフト社サイト ]
※Windows Update 利用の手順は、こちら[ マイクロソフト社サイト ]
既に、ウイルス対策ソフトやサービスをご利用の方も、アップデートは必要です。更新プログラムは、以下のWindows Updateからインストールが可能です。
画面の指示に従って、必要なプログラムをインストールしてください。


最新のセキュリティ更新プログラム情報

※従来と情報公開方法が変わりました。表記の仕方は今後見直して行きます。

深刻度:【緊急】
CVE-2017-0200 | Microsoft Edge のメモリ破損の脆弱性 Microsoft Edge
CVE-2017-0201 | スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性 Internet Explorer
CVE-2017-0202 | Internet Explorer のメモリ破損の脆弱性 Internet Explorer
CVE-2017-0205 | Microsoft Edge のメモリ破損の脆弱性 Microsoft Edge
CVE-2017-0160 | .NET のリモートでコードが実行される脆弱性 Microsoft .NET Framework
CVE-2017-0163 | Hyper-V のリモートでコードが実行される脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0180 | Hyper-V のリモートでコードが実行される脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0202 | Internet Explorer のメモリ破損の脆弱性 Internet Explorer


深刻度:【重要】
CVE-2017-0199 | Microsoft Office/ワードパッドWindows APIの w/リモート コード実行の脆弱性 Microsot Windows,Microsoft Office
CVE-2017-0204 | Microsoft Office のセキュリティ機能のバイパスの脆弱性 Microsoft Outlook
CVE-2017-0208 | スクリプト エンジンの情報漏えいの脆弱性 Microsoft Edge
CVE-2017-0210 | Internet Explorer 特権の昇格の脆弱性 Internet Explorer
CVE-2017-0211 | 特権の脆弱性の Windows OLE 昇格 Microsoft Windows
CVE-2013-6629 | libjpeg の情報漏えいの脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0058 | Win32k の情報漏えいの脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0093 | スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性 Microsoft Edge
CVE-2017-0164 | Active Directory のサービス拒否の脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0165 | Windows の特権の昇格の脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0166 | LDAP の特権の昇格の脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0167 | Windows カーネルの情報漏えいの脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0168 | Hyper-V の情報漏えいの脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0169 | Hyper-V の情報漏えいの脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0178 | Hyper-V のサービス拒否の脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0179 | Hyper-V のサービス拒否の脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0182 | Hyper-V のサービス拒否の脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0183 | Hyper-V のサービス拒否の脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0184 | Hyper-V のサービス拒否の脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0185 | Hyper-V のサービス拒否の脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0186 | Hyper-V のサービス拒否の脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0188 | Win32k の情報漏えいの脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0191 | Windows のサービス拒否の脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0192 | ATMFD.dll の情報漏えいの脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0199 | Microsoft Office/ワードパッドWindows APIの w/リモート コード実行の脆弱性 Microsoft Windows
CVE-2017-0201 | スクリプト エンジンのメモリ破損の脆弱性 Internet Explorer
CVE-2017-0210 | Internet Explorer 特権の昇格の脆弱性 Internet Explorer
CVE-2017-0211 | 特権の脆弱性の Windows OLE 昇格 Microsoft Windows

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



マイクロソフトが【緊急】を含むセキュリティ更新プログラム公開 BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる