BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 延期となった2月の修正、翌3月の月例更新で対応予定 - MS

<<   作成日時 : 2017/02/20 09:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0


Microsoftは、2月の月例セキュリティ更新の公開を急遽延期した問題で、3月の次回月例更新で脆弱性を修正する方針であることを明らかにした。

同社では、米時間毎月第2火曜日に月例セキュリティ更新を公開し、脆弱性を解消しているが、2月に関しては公開直前に問題が明らかとなり、利用者へ影響を及ぼす可能性もあるとして急遽公開を見合わせていた。

今回延期となった脆弱性の修正については、同社は米国時間3月14日に予定している次回の月例更新とあわせて対応する予定だという。

(Security NEXT - 2017/02/16 )
■関連リンク
日本マイクロソフト

出典:Security NEXT

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



延期となった2月の修正、翌3月の月例更新で対応予定 - MS BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる