BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 「鍵マーク」表示される偽Amazonに注意 - Googleの短縮URLで誘導

<<   作成日時 : 2017/02/01 09:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0


「Amazon」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生しているとして、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。フィッシングサイトは、正規サイトを改ざんして設置したものと見られ、SSL証明書により接続時にブラウザ上で「鍵マーク」が表示される。

今回確認されたフィッシング攻撃では、メールで「ログイン認証をリセットする必要がある」などと説明。

本文では、「カードの期限切れ」や「請求先住所が変更されている可能性がある」などとだまし、フィッシングサイトへ誘導していた。

フィッシング攻撃では、「HTMLメール」などを用いて実際にアクセスするURLを隠ぺいするケースが多いが、今回のケースでは、Googleの短縮URLサービスを用いて誘導。クリックできない場合は、URLをブラウザのアドレスバーへ直接コピーするよう求めていた。

誘導先の偽サイトは、Amazonのログインページを模倣。メールアドレスとパスワードを詐取した上、遷移先のページで氏名や住所、電話番号のほか、クレジットカード番号やセキュリティコード、有効期限などをだまし取る。

さらに同サイトは、フィリピンの企業が運営していると見られる旅行サービスサイト上に設置されており、正規に発行されたSSL証明書を用いて接続される状態だった。

ブラウザのアドレスバーに「鍵マーク」が表示されたり、ブラウザによっては「保護された通信」といった表示が出るが、これらで安全性を判断せず、ドメインや証明書の内容を確認しなければ、偽サイトであることに気が付かないおそれがある。

またSSL通信である上、正規サイトが改ざんされており、URLフィルタリングなどをすり抜ける可能性もあるため注意が必要。

1月31日の時点で同サイトは稼働しており、同協議会ではフィッシングサイトの停止に向けてJPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼。類似した攻撃へ注意するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2017/01/31 )
■関連リンク
フィッシング対策協議会

出典:Security NEXT

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



「鍵マーク」表示される偽Amazonに注意 - Googleの短縮URLで誘導 BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる