BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 「Office使えなくなる」と脅すメールが再び流通

<<   作成日時 : 2017/01/31 15:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0


マイクロソフトを装ったフィッシング攻撃が再び観測されている。「Officeのプロダクトキーが不正コピーされている」といった脅し文句が記載されたメールには注意が必要だ。

問題のメールでは、攻撃者が日本マイクロソフトのセキュリティチームを偽装。「OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」といった件名でメールを送信している。

本文は「セキュリティ警告!」といった文言ではじまり、プロダクトキーが不正に利用され、メールへ対応しないとOfficeが利用できなくなるかのように不安を煽り、検証作業などと称して本文のリンクからフィッシングサイトへ誘導。

偽サイトでは、メールアドレスやパスワードなどのアカウント情報にくわえ、画面が遷移し、住所や電話番号、セキュリティコードを含むクレジットカードなど、個人情報をだまし取ろうとしていた。

フィッシング対策協議会によれば、今回確認されたフィッシングサイトはすでに停止しているが、今後も類似した攻撃が発生する可能性もあるとして、注意喚起とともに、攻撃を見かけた際は同協会まで情報を提供してほしいと呼びかけている。

類似した攻撃は1月12日にも確認されている。トレンドマイクロによれば、同日の攻撃では短時間に1万件以上のメールが日本国内へ拡散。国内から少なくとも3000件以上のアクセスがあり、接続をブロックしていた。

またカスペルスキーによれば、前回の攻撃は日本語以外の環境で同サイトへアクセスすると、ショッピングサイトが表示されるよう細工。日本人がターゲットとなっていた。

その際に利用されたサーバはロシアのIPアドレスを利用。ドメイン登録者はロシア人と見られる名前を名乗るも国名は中国で、一部サイトに中国語が使用されていたことがわかっている。

(Security NEXT - 2017/01/31 )
■関連リンク
フィッシング対策協議会

出典:Security NEXT

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



「Office使えなくなる」と脅すメールが再び流通 BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる