BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS マイクロソフトが【緊急】を含むセキュリティ更新プログラムを4件公開

<<   作成日時 : 2017/01/11 10:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

セキュリティ更新情報

2017年1月11日、マイクロソフトからセキュリティ更新プログラム「緊急」2件、「重要」2件が公開されました。

パソコンのセキュリティ状態を最新に保つために、対象製品をご利用の方は、以下を参照の上、ソフトウェアのアップデート(更新プログラムのインストール)を行ってください。

【Windows XPをご利用の皆さまへ】
『Windows XP』は、2014年4月9日に製品のサポート期間が終了しました。
ウイルス感染の原因となる脆弱性が発見されても、更新プログラムが提供されないため、ご利用の方は、新バージョンのWindowsへの速やかな移行を推奨しています。
(使い続けるリスクや移行方法については、こちらをご参考ください)

公開日
2017年1月11日

更新プログラムの入手
◆Windows Updateは、こちら[ マイクロソフト社サイト ]
※Windows Update 利用の手順は、こちら[ マイクロソフト社サイト ]
既に、ウイルス対策ソフトやサービスをご利用の方も、アップデートは必要です。更新プログラムは、以下のWindows Updateからインストールが可能です。
画面の指示に従って、必要なプログラムをインストールしてください。


最新のセキュリティ更新プログラム情報

深刻度:【緊急】
[MS17-003] Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (3214628)
影響を受けるソフトウェア:Microsoft Windows、Adobe Flash Player

[MS17-004] ローカル セキュリティ機関サブシステム サービス用のセキュリティ更新プログラム (3216771)
影響を受けるソフトウェア:Microsoft Windows


深刻度:【重要】
[MS17-001] Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3199709)
影響を受けるソフトウェア:Microsoft Windows、Microsoft Edge

[MS17-002] Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3214291)
影響を受けるソフトウェア:Microsoft Office、Microsoft Office Services および Web Apps


■ウイルス感染などの被害にあわないために・・・

被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

マイクロソフトが【緊急】を含むセキュリティ更新プログラムを4件公開  BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる