BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 修正された「Adobe Flash Player」ゼロデイ脆弱性、報告はJPCERT/CC経由

<<   作成日時 : 2016/12/21 10:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0


アップデートリリース前にゼロデイ攻撃が確認された「Adobe Flash Player」の脆弱性「CVE-2016-7892」は、JPCERTコーディネーションセンターを通じてAdobe Systemsへ報告されたものであることがわかった。

Adobe Systemsでは、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあたる米時間12月14日に、「Adobe Flash Player」のアップデートを公開、17件の脆弱性を修正したが、「CVE-2016-7892」に関しては公開時点ですでに悪用されていることが判明している。

Adobe Systemsは公開当初、32ビット版のWindowsで動作する「Internet Explorer」を対象とした限定的な標的型攻撃に脆弱性が悪用されたとの報告を受けていることを明らかにしているが、その後アドバイザリを更新。今回の脆弱性がJPCERTコーディネーションセンター経由で報告されたことを明らかにしている。

同センターに取材したところ、今回の報告は匿名によるもので、攻撃に関する詳細については公表できないという。今回の攻撃について、同センターでも攻撃に用いられたことを確認しており、今後悪用が拡大するおそれもあると指摘。最新バージョンへのアップデートを行うよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2016/12/20 )

■関連リンク
Adobe:Security updates available for Adobe Flash Player
Adobe Flash Player(バージョン確認)
Flash Playerダウンロードセンター
JPCERTコーディネーションセンター
Adobe Systems

出典:Security NEXT

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



修正された「Adobe Flash Player」ゼロデイ脆弱性、報告はJPCERT/CC経由 BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる