BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS Apple、「iOS 10.2」をリリース - 12件の脆弱性を修正

<<   作成日時 : 2016/12/13 15:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0


Appleは、iPhoneやiPadなど同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 10.2」をリリースした。

今回のアップデートでは、機能の追加や修正にくわえ、複数の脆弱性へ対処。パスワードを読み上げ、漏洩してしまうおそれがある脆弱性「CVE-2016-7634」など2件のアクセシビリティに関する脆弱性を解消した。

またロックされていない端末において、別の端末より遠隔から位置情報を把握したり、データ消去などを行える「iPhoneを探す」を攻撃者によって無効化されるおそれがある脆弱性「CVE-2016-7638」を修正。

さらに細工された証明書を読み込むとコードが実行されるおそれがある「CVE-2016-7626」のほか、イメージキャプチャや画像処理、メール、ローカル認証、SpringBoardなど、あわせて12件の脆弱性に対応している。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-4689
CVE-2016-4690
CVE-2016-4781
CVE-2016-7597
CVE-2016-7601
CVE-2016-7626
CVE-2016-7634
CVE-2016-7638
CVE-2016-7651
CVE-2016-7653
CVE-2016-7664
CVE-2016-7665

(Security NEXT - 2016/12/13 )

■関連リンク
Apple:About the security content of iOS 10.2
Apple

出典:Security NEXT

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



Apple、「iOS 10.2」をリリース - 12件の脆弱性を修正 BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる