BIGLOBEセキュリティニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS 三菱東京UFJ銀のAndroid向けネットバンキングアプリにPOODLEの脆弱性

<<   作成日時 : 2016/12/07 09:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0


三菱東京UFJ銀行が、Android端末向けに提供しているオンラインバンキング用アプリに、脆弱な暗号プロトコル「SSL 3.0」で通信するおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同行アプリ「三菱東京UFJ銀行」に、SSL/TLSのダウングレード攻撃が可能となるPOODLEの脆弱性「CVE-2016-7812」が含まれていることが判明したもの。

同脆弱性は、「同5.3.1」や「同5.2.2」および以前のバージョンに存在。脆弱性が悪用されると暗号化プロトコルを「SSL 3.0」へとダウングレードし、通信内容が漏洩するおそれがある。

今回の脆弱性は、吉田麗生氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告し、同センターが調整を実施。同行では、脆弱性を解消した「同5.3.2」をリリースしている。

(Security NEXT - 2016/12/06 )


■関連リンク
Google Play:三菱東京UFJ銀行
JVN:「三菱東京UFJ銀行」にSSL/TLSダウングレード攻撃が可能となる脆弱性
JVN
三菱東京UFJ銀行

出典:Security NEXT
POODLE脆弱性とは→関連記事

── ウイルス感染などの被害にあわないために・・・
被害を防ぐためには、パソコンのOSやソフトウェアの更新プログラムの適用と、ウイルス対策ソフトを利用して定義ファイルを最新に保つ、2つのことが重要です。

BIGLOBEの総合ウイルス対策ソフト『セキュリティセット・プレミアム』は、ウイルスや迷惑メール、不正アクセスなど、インターネットのあらゆる脅威からあなたのパソコンやスマホを守ります。

新規申込の方なら、今月と翌月の月額料金が【無料】です。
詳細はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ニュースの更新のお知らせを受け取ろう



三菱東京UFJ銀のAndroid向けネットバンキングアプリにPOODLEの脆弱性 BIGLOBEセキュリティニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる